美味しいキャンプの朝食に必携のキャンプ用品のひとつがホットサンドメーカーです。この記事では大人気アウトドアブランド、スノーピークが販売しているホットサンドメーカーの「スノーピーク ホットサンドクッカー トラメジーノ」の評判、口コミ・レビューを紹介します。スノーピーク ホットサンドクッカー トラメジーノを実際に使っている人の声を購入検討の参考にしてください。

スノーピーク ホットサンドクッカー トラメジーノ


画像出典:Snowpeak

  • サイズ:190×330×30mm
  • 重さ:850g
  • 本体材質:アルミダイカスト(内側:フッ素樹脂加工)、金属
  • ハンドル:ステンレス、グリップ:竹集成材
  • タイプ:ダブル
  • IH:非対応
  • 分離:可

アウトドアのトップブランド「Snowpeak」の人気ホットサンドメーカー。食パンのミミを切って好きな食材を挟み、1回で2枚のホットサンドを作ることができるタイプです。熱伝導率の高いアルミダイカストを使用することで表面の焼き上がりがとてもよく、外パリ中フワのライスバーガーを作ることもできます。Snowpeakらしいこだわりのつまったホットサンドメーカーです。

スノーピーク ホットサンドクッカー トラメジーノの口コミ・レビュー

スノーピーク ホットサンドクッカー トラメジーノの口コミ

スノーピーク ホットサンドクッカー トラメジーノのレビュー

オシャレでかっこいい!!

見た目、機能性、コンパクト!全てが完璧です。
そしてなにより、オシャレで可愛いです。
一緒に入ってた収納袋がとても丈夫くて
このまま持ち運べるのがとても便利です!
キャンプの朝ごはんは必ずこれ

普通にいい商品なので、せっかくなので残念なところを。

・パンの耳無しを2セット作れるように設計されているのか、耳ありだと中途半端。(キャンプではパンの耳をとるとか面倒なのに、どうしたスノーピーク!!)
・上と下がとれるようになるのですが、それが結構簡単にとれてしまう・・・。 ホットサンド2個目作成の時にとれると繋げるのにあせる。

さすがアウトドアを知り尽くしたスノーピークらしく、こだわり抜いた設計と品質で、美味しいホットサンドが焼けると好評のようです。パンの耳がないホットサンドを前提で作られているのか、セットできるパンのサイズはやや小さめになっています。

スノーピーク ホットサンドクッカー トラメジーノのおすすめ度


画像出典:Snowpeak

ホットサンドメーカーの選び方

ホットサンドメーカーは大きく分けると、電気で調理する電気式と、直接火にかけて調理する直火式があります。電気式のホットサンドメーカーは、食材をセットするだけで自動的にホットサンドが完成するお手軽メーカーです。当たり前ですが家のコンセントからの電源が必要です。
直火式のホットサンドメーカーは、コンロやバーナーの火に直接かけることができます。途中でホットサンドメーカをひっくり返す必要はありますが、こちらもとても簡単にホットサンドを作ることができます。

キャンプで使用するホットサンドクッカーは直火式ですが、もちろん家庭のコンロでも調理可能です。

画像出典:bawloo.com

ホットサンドの焼き上がりの良さや香ばしい風味では、直火式に軍配が上がります。価格も安いことから、直火式のホットサンドメーカーを選ぶ人が増えてきています。

キャンプでの使用を含めて検討している場合は、直火式のホットサンドメーカーを選びましょう。カリっと香ばしいホットサンドがお好きな方なら、直火式一択と言ってもいいでしょう。とはいえ、直火式のホットサンドメーカーは種類も多く、どれを選ぶべきか悩んでしまいます。直火式のホットサンドメーカーの選び方を説明しますので、自分にピッタリくるホットサンドメーカーを探してみてください。

IH対応かどうか?
キャンプでは当然、バーナーやたき火に直接火にかけて調理しますが、家でホットサンドを作る場合は、家庭のコンロを使用して調理することになります。家のコンロがIHの場合は、ホットサンドメーカーがIH対応かどうかを必ず確認してください。数は多くありませんが、直火とIHの両方で使用できるホットサンドメーカーがありますので、それを選ぶようにしましょう。

シングルタイプとダブルタイプ
ホットサンドメーカーには、シングルタイプとダブルタイプの2種類があります。中に仕切りがあるかどうかで、タイプが分かれます。中に仕切りの無いシングルタイプは、具材たっぷりのホットサンドを作ることができます。

画像出典:Amazon

たくさんの具材を入れることができるので、ホットサンドのバリエーションも多くなります。具がたっぷり入ったホットサンドをカットした断面は見た目もよく、インスタ映えを狙う人にはぴったりです。中に仕切りのあるダブルタイプは、食パン半分の大きさのホットサンドが2つできるようになっています。

画像出典:Amazon

具材は食パン半分の大きさに入る分だけになるので、シングルタイプよりも少なくなります。ダブルタイプの良さは、中に仕切りがあることで加熱面積が多くなり、カリっとした食感の香ばしいホットサンドが作れることです。ハムやチーズ、玉子サラダなど、シンプルなホットサンドを作ることの多い人はダブルタイプを選びましょう。

ソロタイプ
最近流行の兆しを見せているのが、ソロタイプです。シングル、ダブルタイプがパン2枚を使用してホットサンドを作るのに対して、ソロタイプは食パン一枚を折りたたんで作るタイプです。具の量は少なくなりますが、食パン一枚が丁度いいという人にはおすすめです。

画像出典:4w1h.jp

取り外しができるかどうか?
主にキャンプで使用する人にオススメなのが、2枚のプレートが分離できるタイプです。分離させることによって、小さなフライパンとしても使うことができます。フライパンとして使用して、ホットサンドで使う目玉焼きを焼いてから、合体させてホットサンドを作るなんてこともできます。

画像出典:i-wano

以上のポイントを押さえて自分にピッタリのホットサンドメーカーを選びましょう。

ホットサンドメーカーの記事をもっと見る

焼き上がりの良さやサイズ感など、他のブランドとはひと味違うスノーピークらしいこだわりのホットサンドメーカーです。スノーピークファンなら必ず手にしたいところですね!


画像出典:Snowpeak

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事