スピナーベイトは、泳ぎながら回転するブレードで、小魚の群れを演出する群れルアーです。金属のワイヤーで作られている事から「ワイヤーベイト」というカテゴリに属します。前方のワイヤーが、内側を向いたフックを常にガードしているため、根がかりすることが少ない初心者にもおすすめのルアーです。

画像出典:Amazon エバーグリーン D-zone

バスの活性や、水中の状況をチェックするパイロットルアーとして、釣り場に着いたら、まず最初にスピナーベイトを投げるアングラーも多いと思います。

画像出典:エバーグリーン

スピナーベイトの選び方

スピナーベイトはブレードの形状と枚数が大きな特徴となります。

ブレードの種類

  • ウィロー


画像出典:Amazon

葉の形に似ていることからウィローリーフとも呼ばれ最もポピュラーなブレード。フラッシング効果が強く、バイブレーションは少なめです。手返し良く釣りができるのでサーチベイトとして最適です。

  • コロラド


画像出典:Amazon

バイブレーション重視の丸いブレードがコロラドブレード。濁った水や、スローに巻きたい時に活躍します。巻き抵抗が強いので手返しはやや悪くなります。

  • インディアナ


画像出典:Amazon

ウィローとコロラドタイプの中間に位置するブレード。インディアナブレードならではの独特なフラッシングとバイブレーションが得られます。

ブレードの枚数

  • シングルウィロー


画像出典:Amazon デプス ミニブロス

ウィローブレードが一枚付いているタイプ。巻き抵抗が少なく浮き上がりがいいので、早巻きや表層を泳がすトップウォーター的な釣りにも適しています。

  • ダブルウィロー


画像出典:Amazon ダイワ スティーズ

二枚のウィローブレードが付いているタイプ。フラッシングが強く、バスに強くアピールできます。手返し良くストラクチャーを攻略するにはダブルウィローをおすすめします。

  • タンデムウィロー


画像出典:Amazon メガバス SV-3

ウィローブレードとコロラドブレードの2種類を組み合わせたタイプ。フラッシングとバイブレーションのバランスが良く、あらゆるフィールド、釣り方に対応できるオールラウンドタイプです。

  • シングルコロラド


画像出典:Amazon メガバス SV-3

コロラドブレードを一枚取り付けたタイプ。強めのバイブレーションで、巻き抵抗が大きいので、スローリトリーブで広範囲からバスを誘うのが得意なスピナーベイトです。

  • ダブルコロラド


画像出典:Amazon バークレイ

シングルコロラドよりも強いフラッシングを発揮します。ゆっくり巻いてもバランスを崩しにくいので、深い水深でのスローリトリーブが最も得意なタイプになります。

サイズ
スピナーベイトのサイズは、3/8ozを基準に、よりフィネスに行くなら1/4oz、アピールを強めるなら1/2ozを選択しましょう。この3サイズを揃えればワイヤーベイトはOKです。

カラー

画像出典:Amazon

ブレード
最もアピールが強いのがゴールド、次にシルバーです。黒銀やブラック、チャートといった色もありますがフラッシングは弱めです。

スカート
プラグ系のルアーと同じく、アピールの強いチャート系から、ナチュラル系まで多種多様です。フィールドに応じて使い分けましょう。

トレーラー

スピナーベイトにはワームやフックをトレーラーとして装着する場合があります。

  • トレーラー(ワーム)


画像出典:deps

ワームをトレーラとして付けることで、アピール力の向上、飛距離アップ、浮力を高める、泳ぐ姿勢がまっすぐになるといったメリットが生まれます。基本的にはスピナーベイトはトレーラー無しでも釣れるルアーですが、状況に応じてセットしてもいいでしょう。特にグラブ系やデプスのデスアダータイプのワームは、アピール力・飛距離・浮力をバランスよく高めてくれるのでオススメです。

  • トレーラーフック


画像出典:plus.luremaga.jp

スピナーベイトのフックまでバイトしきれなかったバスを確実にフックに持ち込む、ショートバイト対策として使用されます。よほどの障害物がない限りは、装着しておいたほうがいいです。トレーラーフックはある程度フリーに動けるようにゴム管を取り付けましょう。

トレーラーフックのサイズは、スピナーベイトのフックサイズと同じくらいか、やや小さめのものをつけましょう。

おすすめスピナーベイト

数あるスピナーベイトの中から、アングラーから高い評価を得ている「釣れるスピナーベイト」を厳選紹介します。

デプス Bカスタム

琵琶湖のビッグバス攻略に欠かせないアイテム
琵琶湖を本拠地にするDeps奥村正和氏が、ビッグバスを釣り上げるために開発したスピナーベイト。「風が吹いたら1/2ozのスローローリング」ハマればデカいスピナベの代表作。

ノリーズ クリスタルS

田辺プロの右腕ともいえる万能スピナーベイト
釣れるスピナーベイトとして、あまりにも有名なクリスタルS。野池からリザーバーまで活躍の場が広いルアーです。フッキング性能の良さは多くのプロから信頼を得ています。

O.S.P ハイピッチャー

岸際・シャロー攻略の最有力スピナーベイト
小型のシルエットがハイプレッシャーのフィールドにおいてもバスに口を使わせます。手返し良くシャロ―をマシンガンキャストするにはハイピッチャーがベストの選択です。

メガバス SV-3

日本でスピナベが釣れることを知らしめたレジェンド
SV-3の特徴は、遠くからでもバスを引き寄せる強い波動、使い倒せる頑丈なワイヤーボディ、そして抜群のフッキング性能です。ひとつはタックルボックスに入れておきたいアイテムです。

エバーグリーン SRミニ

野池に行くなら必携の釣れるスピナベ
小さなシルエットでバスの警戒感を薄れさせつつ強いバイブレーションで誘う「釣れるスピナーベイト」の代表格。野池オカッパリの第一投目はSRミニで決まりだと思います。

エバーグリーン D-ZONE

極細ワイヤーが生む異次元の強波動
清水盛三プロのこだわりが凝縮されたトーナメント仕様モデル。耐久性を犠牲にすることで、極限まで細くシェイプしたワイヤーが生み出す波動は、他のスピナベと一線を画します。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事