多くのルアーとメソッドを駆使するバス釣りにおいて、ラインセレクトはとても重要です。飛距離への影響、あたりを捉える感度、ロッドアクションがルアーに確実に伝わる操作性、バスに警戒されにくい色と太さ。本記事では、バス釣りの重要アイテムであるラインの選び方とおすすめの商品を紹介していきます。

画像出典:アングリングバスfacebook

ラインの選び方

ラインの素材

  • ナイロンライン
  • フロロカーボンライン
  • PEライン

バス釣りに使用するラインの素材は大きく3種類に分かれていて、それぞれに特徴があります。メリット・デメリットを把握したうえで、使用するルアーに合わせた選択をしましょう。

  • ナイロンライン

初心者にすすめのナイロンライン
扱いやすく、価格も安いものが多いので、初心者におすすめなのがナイロンラインです。
ナイロンラインの特徴

  • 価格が安い
  • しなやかで扱いやすい
  • ライントラブルが少ない
  • 吸水性がある
  • 伸びやすい
  • 紫外線に弱い


画像出典:Amazon

ナイロンラインを初心者におすすめする第一の理由は、その「しなやかなさ」です。スプールに巻いきやすく、扱いやすいのでライントラブルも少なくなります。ナイロン素材は、伸びやすく柔らかいため、感度やフッキングに有利なハリは、他のラインに劣ります。トップウォーターのルアーを使用する場合は、PEラインか、ナイロンラインを選択しましょう。
デメリットとして、素材による吸水性や、紫外線劣化もありますが、はっきり言ってそれほど気にする必要はありません。初心者なら特にです。

  • フロロカーボンライン

最も出番が多い基本のライン
ナイロンラインに慣れてきたら、バス釣りで最も使われているフロロカーボンラインをおすすめします。
フロロカーボンラインの特徴

  • 伸びにくく感度が良い
  • 強度があり擦れに強い
  • 吸水性が低い
  • 紫外線に強い
  • 価格がやや高い
  • 水に早く沈む


画像出典:EVERGREEN

フロロカーボンラインは、硬くて伸びが少ないので、感度がとても良いラインです。ルアーの動きや、地形変化、バスのあたりをしっかり感じることができます。、特にカバー撃ちや地形を探りながら行うワームの釣りには最適です。強度と耐久性が良いため、障害物との擦れにも強く、紫外線の影響を受けずに、長く使うことができるラインです。

デメリットは、ナイロンラインと比べて、ライントラブルが発生しやすいことです。スピニングリールの場合、太いラインになるほどトラブルが多くなりますので、6ポンド以下がいいでしょう。

  • PEライン

トップウォーター、パワーフィッシングにはPEライン
複数の原糸を編み込んだラインで、トップウォータープラグでの釣りやカバー撃ちに最適なのがPEラインです。

PEラインの特徴

  • 太さに対しての強度が一番
  • 水によく浮く
  • 感度がとても良い
  • しなやかで伸びも少ない
  • 価格が高い
  • 岩など硬い障害物への擦れに弱い
  • リーダーを結んだり少し面倒


画像出典:EVERGREEN

スピニングタックルでの遠投、カバー狙いのパワーフィネスにはPEラインです。ベイトタックルの場合は、ヘビーカバーを狙うフロッグやヘビーテキサスの釣りで、他のラインを凌ぐ性能を発揮します。

PEラインはナイロンラインやフロロカーボンラインの約3倍の強度があるため、より細い号数を選択できるので、トラブルが少なく、飛距離が出やすいラインです。また糸伸びがほとんどないので、フッキングが決まりやすいメリットがあります。

ただし、岩や鉄といった硬い障害物による擦れには弱く、力がかかると滑りやすいという特徴があるので、細い号数を使用する場合は、先端にリーダーを結んで補強する必要があります。

ラインの太さ


画像出典:EVERGREEN
スピニングリールには細めのライン
スピニングリールには、細いラインを使うようにしましょう。
目安として、ナイロンなら6〜8lb、フロロカーボンなら5〜6lb、PEラインで8lbがおすすめです。
ベイトリールは太めのラインで
ベイトリールには、太めのラインがおすすめです。ラインブレイクを気にすることなく、ストラクチャーに潜んだバスを一気に引き寄せる力強い釣りを楽しむことができます。目安としては、ナイロン、フロロカーボンラインで12〜25lb、PEラインで50lbくらいです。

ラインのカラー


画像出典:EVERGREEN
基本的にラインのカラーはお好みでOKです。どんな色にしても水中のブラックバスからはラインが見えているそうです。よりシビアに考えて、ラインの存在感を消したい場合は、透明かグリーン系のラインがいいかもしれません。

バス釣りおすすめライン

ナイロンライン

トップウォーター、ライトリグ、巻物、ビッグベイトなどにおすすめです。

サンヨーナイロンライン APPLOUD GT-R ULTRA

GT-Rシリーズの超極限耐摩耗性追求ライン。ウルトラ耐摩耗素材の配合で超耐摩耗性(通常の30倍)を発揮します。超タフな設計で残存強力を保持し60UPも楽々ゲット!

バリバス ノガレス デッドオアアライブ タフレックス

強力ナイロン素材にMA加工を施すことで、相反する特徴である耐久性としなやかさの両立を実現。しなやかさで巻ぐせもつきにくく、ストレスフリーでテンポよくストラクチャーを攻められます。カラーはクリア感のあるカモフラカラー。スレたバスにも違和感なく口を使わせます。

東レ バウオ スーパーハードポリアミドプラス

バス用ナイロンラインの定番、スーパーハードポリアミドプラスが新しくなって登場! 高強力低伸度ポリマー「ポリアミドプラス」を採用し、強度・使いやすさを両立。75mのマーキング入りで無駄なく使用できます!

サンライン ナイロンライン バススペシャル HG

リールなじみがよいソフト糸質設計により、ライントラブルが激減。ビッグバスとEASYに戦える、最適な弾力バランスライン。クリアー~マッディーウォーターにもマッチするカモフラージュ性の高い「ジャングルグリーン」カラー採用。UV-R製法により紫外線による強度劣化を最大限に防ぎます。

フロロカーボンライン

ジグ撃ち、ワーム、巻物など、幅広い釣りに対応

クレハ シーガー R-18フロロリミテッド

ラインの存在感を消すクリアカラー。ヨレ・巻グセを防ぐFNT製法採用で初心者にも扱いやすいです。クレハフロロメインラインで最高レベルの強度・耐性でビッグバスとの強引なやり取りが可能。

バリバス デッドオアアライブ

初心者からトーナメンターまで幅広く愛用されているデッドオアアライブ。「強靭さ」を徹底追及したトーナメントグレードモデル。

デュエル カーボナイロンライン

感度・耐久性・使用感に優れたCN(カーボナイロン)の特徴はそのままに、ルアー釣りから波止釣りまで様々なフィールドで使えるオールラウンドタイプとして設計。全てのアングラーにおススメのライン。

サンライン シューター FCスナイパー

世界基準を追求し、再度素材から見直し徹底的に鍛えなおしたスーパーフロロ。各LB毎にラインの特性を100%出しきる専用設計。世界の舞台で通用するバス用フロロカーボンラインの決定版。かなり使えるフロロカーボンラインです。

PEライン

エバーグリーン バスザイル フリップ&フロッグ

ムフラージュライトグリーン難攻不落とも思える水棲植物やレイダウン、ブッシュ等の複雑なウルトラヘビーカバーを果敢に攻め、モンスターを引きずり出す為に生まれた超高強度PEライン。スベリが良く、トラブルが少ないヘビーカバー高次元対応。

サンライン バススーパーPEライン

超低伸度で超高感度、ソフトなライン特性がパワーのあるスピニングタックルによるパワーフィネス戦略や、ベイトタックルでのテキサス、ラバージングにおけるカバー撃ちでも奥までしっかりとルアーを送り込み、フッキング後はラインのパワーを生かして強引に引きずり出せます。カムフラージ効果重視のディープグリーンカラーを採用。

メジャークラフト 弾丸ブレイド 4本編

操作性に優れた「低伸度」と、水中の変化やアタリを感じる「高感度」を実現する設計。表面をコーティングし、適度なハリを持たせることで、あらゆる釣りに対応し、ガイドへの糸絡みなどライントラブルを軽減。初心者でも使いやすい仕様。魚から目立ちにくくステルス性の強いグリーンカラー。

ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム

新開発特殊コーティング製法により、しなやかさと強度を備えたコスパの高いPEライン。扱いやすいので、初めてPEラインを使う人にもおすすめです。

バス釣りを始めて間もない間は、扱いやすくコスパのいいナイロンラインがおすすめです。慣れてきたら、よりバス釣りに向いている、フロロカーボンを使うようにしていきましょう。
フロロカーボンと併用する形で、トップウォーターやヘビーカバー撃ちなどの特化型の釣りにPEラインを選択してください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事