軽量ルアーで手返しよく、パワーのあるベイトタックルでビッグバスを攻略する「ベイトフィネス」。いまや必須ともいえるベイトフィネスタックルですが、特にリールについては、各メーカーの最新技術が投入され、1g台のルアーが投げれるほどの進化を遂げています。本記事ではベイトフィネスに適したリールの選び方と、おすすめベイトフィネスリールを一挙紹介します!


画像出典:Daiwa

なぜベイトフィネスなのか?

本来、バス釣りに適したタックルといえばベイトタックルです。ストラクチャーの奥に潜むバスを引きずり出すパワーと、手返しのよい釣りはスピニングタックルではできないため、カバー攻略とキャスト数が釣果に直結するバス釣りに適したタックルはベイトタックルだといわれています。

画像出典:ピュアフィッシング
しかし、日本のようなプレッシャーが高いフィールドでは、本来ベイトリールが得意とする、中~大型ルアーと太いラインではアピールが強すぎ、ハイプレッシャー下にある日本のバスに口を使わせることが難しくなっており、小型・軽量ルアーを得意とするスピニングタックルの出番が多くなってきました。スピニングタックルは、ラインが細く、カバーにルアーを通してもバスを引き抜くことができず、何より手返しの悪さは、大きな欠点であり、ビッグバスを手にするチャンスを逸することも少なくありません。

こういった日本のバス釣り事情の中、生まれたメソッドが「ベイトフィネス」です。パワーのあるベイトタックルで、小型・軽量のルアーをカバー奥に通すことができるのが最大の特徴です。ベイトリールのパワーを活かし、ラインブレイクを気にせずに、豪快なやり取りが可能になります。

↓おすすめベイトフィネスロッド特集↓

ベイトフィネスリールの選び方

ベイトフィネスリールとは?
ベイトフィネスには、専用のロッドとリールが必要となります。ベイトフィネスで使用するリールは「ベイトフィネスリール」とよばれ、これまではスピニングリールでしか不可能だった、軽量ルアーやライトリグを細いラインで操る釣りが、ベイトリールで行うことを可能にしています。

画像出典:Amazon
ベイトフィネスの釣りには、ベイトフィネスリールが必要不可欠であり、ダイワやシマノ、アブガルシアをはじめとした釣り具メーカーの高度な技術があってこそ確立したメソッドです。

ベイトフィネスリールの特徴

軽いルアーをキャストできる

ベイトフィネスリールの特徴はなんといってもスピニングでしかキャストできなかった、ワームやスモールプラグなどの「軽量ルアー」が手返しよくキャストできることです。ベイトリールならではの手返しの良さで、キャスト数も格段に増加します。プレッシャーを与えにくい「軽量ルアー」と「キャスト数増加」。これにより釣果も大いに期待できることになります。

スピニングよりも太いラインが使える
ベイトフィネスリールのラインはスピニングリールにセットするラインよりもやや太く、また従来のベイトリールで多く用いられるラインよりも細いという、絶妙なラインセレクトを可能にします。具体的には8lb~12lbくらいが多く使われるラインの太さになりますが、ほぼラインブレイクを気にしなくていい強度のラインを使用し、軽量ルアーがキャストできることで、ハードなカバーやストラクチャーを果敢に攻略できます。

アキュラシー(正確性)の向上

画像出典:shimano

ベイトリールならではの「サミングコントロール」により、キャストのアキュラシー(正確性)も格段に向上します。ピンスポットなど、狙ったところにルアーを通しやすくなることもベイトフィネスの大きなメリットになります。

ベイトフィネスリール選びのポイント

自重
軽いルアーを操作するベイトフィネスでは、リールの自重は軽いほうが操作性が向上します。リール自体の重さに加えて重要なのがスプールの重量です。
スプールもキャスタビリティに影響するの重要なパーツですので、超ジュラルミンなど、できるだけ軽い材質のものを選びましょう。また、細いラインでも下巻きが不要な「浅溝タイプ」がおすすめです。


画像出典:shimano

適合ライン
リールに使用できるラインの太さ。スピニングよりやや太く、従来のベイトリールよりも細いラインが使用できるおがベイトフィネスリールです。具体的には8lb~12lbの出番が多くなると思います。最近では更に細いラインに適合したモデルも発売されていますのでチェックしてみましょう

ギア比
ハンドル1回転あたりの糸巻き量を比率で表したものを「ギア比」といいます。ピンポイントでルアーをアクションさせて、すぐに回収する、ジグやワームの釣りにはハイギアが適しています。一方、巻物で広範囲を探る釣りや、小型プラグをゆっくり動かす釣りにはローギアのリールを選択しましょう。ただし、ベイトフィネスの釣りは細いラインをやや少なめに巻くことが多いため、巻き上げスピードが遅くなりがちですので、ハイギアが選ばれることが多いようです。それを踏まえて、ギア比6後半~8の範囲から、釣りのスタイルに合わせて選びましょう。

【ダイワ】おすすめベイトフィネスリール

ダイワ スティーズ AIR TW

次世代ベイトフィネス 超小口径AIRスプール搭載

画像出典:Amazon

フラッグシップ「STEEZ」、遂にベイトフィネス専用機が登場。フィネスを極める超小口径φ28mmG1ジュラルミン製AIRスプールを搭載。異次元の超小口径スプールは、今までのベイトフィネス機よりも軽いルアーへの対応力を増し、フィネスの概念を覆す。超高速に回転するスプール性能を最大限に生かすTWSシステム、コンパクトボディによる自重のメリットはまさに新次元のベイトフィネス機としての歴史を変えるだろう。

SPEC
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転): 60、80
ギヤー比: 6.8、9.1
自重(g): 135
最大ドラグ力(kg): 3.5
標準糸巻量 ナイロン(lb-m): 6-45、8-45
ベアリング (ボール/ローラー): 12/1
ハンドル長さ(mm): 80
ハンドルノブS交換可/ 淡水専用
超小口径AIRスプール搭載
メーカー希望小売価格:68,000円(税抜)

ダイワ スティーズ CT SV TW

Steezが新たなバーサタイルスタイルを提唱する

画像出典:Amazon

バスフィッシングのために開発されたスティーズの「CT SV」シリーズ。ダイワのCT、つまり「コンパクト&タフ」と、SVコンセプト「Stress free versatile」スプールのもと設計された適応力のあるバーサタイルなリール。初速の立ち上がりが抜群なCT SVスプールはバーサタイル性能はもちろん、フィネス性能の領域までをカバーしている。ギア比は6.3の700H と8.1の700XH 。ハンドル1回転で59cmと76cm、巻きと撃ち、それぞれに対応する2モデルがラインアップ。より繊細に、より多彩なアプローチが可能になったオールラウンドモデル。

SPEC
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):59、66、76
ギヤー比:6.3、7.1、8.1
自重(g):150
標準巻糸量 ナイロン(lb-m):14-30~60、12-35~70
ハンドル長さ(mm):80
ベアリング (ボール/ローラー):12/1
メーカー希望小売価格:58,800円(税抜)

ダイワ スティーズ SV TW 1012SV-XH(L)

戦うベイトリール。その宿命と、栄光の系譜

画像出典:Amazon

ソルト対応/ハンドルノブS交換可TWS:TWS第3世代として、中・小口径スプールに合ったコンパクトタイプのターンアラウンド式を新しく開発。リール本体の軽量・コンパクト化に大きく貢献。3g後半のベイトフィネスルアー~ビックベイトまで守備範囲が広いバーサタイルモデル。

SPEC
巻取り長さ(ハンドル1回転/cm):86
ギヤー比:8.1
自重(g):160
最大ドラグ力(kg):5
標準巻糸量 ナイロン(lb-m):14-35~70、12-40~80
スプール径(mm):34
ハンドル長さ(mm):90
ベアリング(ボール/ローラー):12/1
付属品:クロロプレン製リールケース/シリアルナンバー
ソルト対応/ハンドルノブS交換可
メーカー希望小売価格:59,500円(税抜)

ダイワ SV ライト リミテッド

並木敏成が提案する更なる進化を遂げたSVコンセプトの進化形

画像出典:Amazon

「キャストフィールはAIR、スプール強度はSV。AIRの特性を維持しながら、SVのアドバンテージが欲しい。」並木敏成がSVコンセプトの新たな領域を自ら監修の元、提案する。初の小径φ32mmG1SVLIGHTスプールを搭載し、いかなる状況下においてもバーサタイル性能を発揮することはもちろん、フィネス専用機並みの快適さを実現。まさにSVコンセプトとベイトフィネス機を両立させた。並木敏成の新たな提案で釣り領域が更に広がる。まさにSVコンセプト第2章の始まりと言っても過言ではない。

SPEC
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):63、81
ギヤー比:6.3、8.1
自重(g):153
最大ドラグ力(kg):4
標準巻糸量ナイロン(lb-m):8-40~80、10-30~65
ハンドル長さ(mm):80
ベアリング(ボール/ローラー):11/1
メーカー希望小売価格:51,000円(税抜)

ダイワ SS エア

T3 AIRの血をひくベイトフィネス専用機の決定版

画像出典:Amazon

「STEEZ」のクラッチ感やサイズ感、握り心地を継承しながら、先端テクノロジーの塊である「T3 AIR」が持つ性能とキャストフィールを融合したのが「SS AIR」。超々ジュラルミンと同強度でも軽量な“G1ジュラルミン”を使ったAIRスプールをはじめ、ZAION製のスタードラグ、ハンドルノブを搭載。145gという驚きの軽量化を果たした。特筆すべきは、1円玉クラスまでキャストできるフィネス性能。調整も容易で、ピッチングとキャスティングをマグ調整無しでも高レベルに両立。

SPEC
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):81
ギヤー比:8.1
自重(g):145
最大ドラグ力(kg):4
標準巻糸量(フロロ 号ーm):8-50
スプール径(mm):32
ベアリング(ボール/ローラー):9/1
メーカー希望小売価格:46,700円(税抜)

ダイワ アルファス エア TW

強靭アルミボディのベイトフィネス新スタンダート機

画像出典:Amazon

ALPHASがTWSシステムを搭載し、遂に生まれ変わる。小口径φ28mmG1ジュラルミン製AIRスプールを搭載し、新次元のフィネス性能を実現。バスはもちろん山岳渓流でのトラウトのみならず、ソルトでのベイトフィネスゲームを可能にしたソルト対応仕様。ボディをフルアルミハウジングで構成し、様々なライトゲームフィッシングを想定し開発された。

SPEC
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):75
ギア比:8.6
自重(g):160
最大ドラグ力(kg):3.5
標準巻糸量 ナイロン(lb-m):6-45、8-45
スプール径(mm):28
ハンドル長さ(mm):80
ベアリング (ボール/ローラー):6/1
メーカー希望小売価格:42,800円(税抜)

【シマノ】おすすめベイトフィネスリール

シマノ カルカッタコンクエスト BFS HG

BFS初の円形リール。剛性感にと官能的な巻きごこち

画像出典:Amazon

耐久性と剛性感溢れる巻きごこちで不動の人気を誇るカルカッタコンクエストに待望のベイトフィネスモデルが誕生。FTB(フィネスチューンブレーキシステム)をはじめ、ベアリングやオイルもBFS仕様。駆動部にはマイクロモジュールギアを組み込み、滑らかでノイズの少ない巻きごこちが堪能できます。軽量シャッドや近年流行の渓流ベイトフィネスにも対応。

SPEC
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):68
ギア比:6.8
最大ドラグ力(kg):4.0
自重(g):200
スプール寸法(径mm/幅mm):32/21
フロロ糸巻量(lb-m):8-45
ハンドル長(mm):42
ベアリング数S A-RB/ローラー:12/1
メーカー希望小売価格:54,000円(税抜)

シマノ アルデバラン BFS XG

軽量ボディにベイトフィネスのための最高性能を追求

画像出典:Amazon

軽量ルアーのピッチング性能を徹底的に追及したシマノベイトリールの最軽量モデル。画期的なスプール&ブレーキシステム「FTB」を搭載し、ベイトフィネス用リールとして開発された専用設計で、ピンポイントへの正確なピッチングがよりスムーズに行えます。またギア比は8:1に設定し、手返しの効率もアップ。自重130gはシマノベイトリール最軽量です。

SPEC
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):80
ギア比:8.0
最大ドラグ力(kg):3.5
自重(g):130
スプール寸法(径mm/幅mm):32/22
ナイロン糸巻量(lb.-m)/フロロ糸巻量(lb.-m):8-45/8-45
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):80
ハンドル長(mm):42
ベアリング数(S A-RB/ローラー):9/1
メーカー希望小売価格:46,000円(税抜)

シマノ アルデバラン MGL HG

浅溝NEWマグナムライトスプール。軽量ルアーをさらに遠くへ。

画像出典:Amazon

軽量ルアー専用モデルのアルデバランに、シャロースプール化した新設計のNEWマグナムライトスプールを搭載。スプールの側面に穴を配置することで重量と慣性が大幅に抑えられ、制御に要するブレーキ力が軽減。さらに軽いルアーを扱えるようになったことに加え、遠投性能もアップしました。軽量ルアーの微かな重みでも瞬時にMAXスピードへ加速し、キャストの抜け感も向上。ベイトフィネスの領域までの使用を可能に。

SPEC
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):74
ギア比:7.4
最大ドラグ力(kg):4.5
自重(g):135
スプール寸法(径/幅)(mm):32/22
ナイロン糸巻量(lb-m):8-100、10-90、12-65
ハンドル長(mm):42
ベアリング数 BB/ローラー:9/1
メーカー希望小売価格:45,300円(税抜)

シマノ スコーピオン BFS/BFS XG

フィールドを選ばないライトゲームの新たなスタンダード

画像出典:Amazon

幅広いユーザー層をから絶大なる支持を得るスコーピオンにベイトフィネス仕様が誕生。FTB(フィネスチューンブレーキシステム)を搭載し、ピッチングによる低弾道アプローチも意のままに決まります。海水でも使用でき、流行となっているソルトのベイトフィネスゲームにもマッチします。ドラグはエキサイティングドラグサウンドを採用。(HGはギア比8.2のエキストラハイギア仕様)

SPEC
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):63、82
ギア比:6.3、8.2
最大ドラグ力(kg):3.5
自重(g):165
スプール寸法(径mm/幅mm):32/22
フロロ糸巻量(lb-m):8-45
ハンドル長(mm):42
ベアリング数(S A-RB/ローラー):7/1
メーカー希望小売価格:35,000円(税抜)

【アブガルシア】おすすめベイトフィネスリール

アブガルシア(Abu Garcia) LX992Z/LX992Z-L
今江克隆プロ監修 LX992Z新登場

画像出典:Amazon

アルミフレーム採用のシグネチャーBFモデル。高耐久高回転セラミックスーパーフリーHPCRボールベアリング採用。シャロースプール、ディープスプールのコンビネーションであらゆるスタイルに対応。特筆すべきは「LX992Zのミドルスプール」はノーマルの状態でも巻きモノ用のキャストフィールに仕上がっている事。デフォルト状態で「LTZ」以上のベイトフィネス能力に加え、巻きモノリールとしても「LTZ」を大きく超えたのが「LX992Z」の特徴。

SPEC
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):83
ギア比:8.0:1
自重:160g
最大ドラグ力:7Kg
糸巻量(lb-m)本体付属スプール:8-100、10-80
糸巻量(lb-m)スペアスプール:12-100、14-85、16-75
ベアリング数(S A-RB/ローラー):9/1
メーカー希望小売価格:45,400円(税抜)
*LX992Z-Lは左ハンドル仕様

アブガルシア REVO LTX-BF8

REVO史上最軽量129g 次世代ベイトフィネスリール

画像出典:Amazon

ユーザーの好みに応じて、マグネット数を増やせるマグトラックスIIIブレーキシステムを搭載。フレームにはアルミニウムを採用。スプールは超々ジュラルミン製。余分な機構を搭載せず、強度を落とさずに軽量化にポイントを絞りながら極限の設計。その軽さは異次元、装着する竿の感度や特性まで向上させるリアルフィネス。ギヤ比は回収に有利な8.0:1のハイスピード設定。余

SPEC
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):80
ギア比:8.0:1
自重:129g
最大ドラグ力:5.5Kg
糸巻量(lb-m):8-50、10-40
ベアリング数:9/1
メーカー希望小売価格:42,000円(税抜)

アブガルシア REVO ALC-BF7

アルミフレーム採用、ソルト対応軽量ベイトフィネスリール

画像出典:Amazon

新生、次世代のソルト対応のベイトフィネスリール新登場。 自重は軽量の141g、ユーザーの好みに応じて、マグネット数を増やせるマグトラックスIIIブレーキシステムを搭載。その軽さは異次元で装着する竿の感度や特性まで向上させる。バスではベイトフィネスやミノーのトゥイッチング、シャッドのリトリーブ。SWではベイトフィネスから近年流行のボートアジングまで対応できる。

SPEC
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):71
ギア比:7.1:1
自重:141g
最大ドラグ力:7Kg
糸巻量(lb-m):8-50、10-40
ベアリング数:7/1
メーカー希望小売価格:36,000円(税抜)

アブガルシア ROXANI BF8

軽量185gのハイバリューベイトフィネスリール

画像出典:Amazon

加木屋守プロ愛用。カッティングエッジデザイン、カーボンハンドル搭載!REVOの遺伝子を引き継いだ185gの軽量ベイトフィネスリール。ソルトシールド ピニオン ボールベアリング搭載で、塩ガミの心配もなく快適な巻き心地が続く。フレッシュウオーターからソルトウオーターまで幅広く対応したモデル。

SPEC
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):83
ギア比:8.0:1
自重:185g
最大ドラグ力:5.5Kg
糸巻量(lb-m):8-100、10-80
ベアリング数(S A-RB/ローラー):4/1
メーカー希望小売価格:19,000円(税抜)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事