揃えておきたいキャンプ用品のひとつ、おしゃれで美味しいホットサンドが簡単に作れると人気のホットサンドメーカー「ロゴス ホットサンドパン」の評判、口コミ・レビューを紹介します。ロゴス ホットサンドパンを実際に使っている人の声を購入検討の参考にしてください。

ロゴス ホットサンドパン


画像出典:LOGOS

  • サイズ:(約)35×12×3cm
  • 総重量:(約)480g
  • 材質:アルミ、スチール
  • タイプ:ダブル
  • IH:非対応
  • 分離:可

人気アウトドアブランドロゴスのホットサンドメーカー。メイプルリーフとLOGOSの文字がパンに焼印されたおしゃれなホットサンドができます。取っ手が取り外せるので、収納やお手入れも簡単です。ダブルタイプなので、小さめでこんがり焼き上がったホットサンドが好きな人におすすめです。

ロゴス ホットサンドパンの口コミ・レビュー

ロゴス ホットサンドパンの口コミ

ダブルタイプを活かして、左右別々の具材を入れて楽しむ方法もありますね!LOGPSの焼印はインスタ映え間違いなしです。
ロゴス ホットサンドパンのレビュー
Amazonより抜粋

端をカリカリにプレスすることができる!

ホットサンドメーカーはたくさんありますが、自分が重視したのは
・端がプレスされること(カリカリになってとても美味しい!)
・持ち手がねじ込み式で分解して小さく持ち運べること(メーカー非推奨ですが…)
この2点がアウトドアで用いる上で重要かと思います。
他のホットサンドメーカーは、フライパン代わりにできたりと、汎用性に優れていますが
ホットサンドのみに重点を絞れば、この製品が現状ベストかと思います。
お試し程度と思ったけど期待以上でした

ホットサンドパン、初購入です。
CHUMSのものと迷いましたが、
・取っ手が外せる
・食パン1枚で2個分焼ける
・ロゴマークがかわいい
・安価なので入門用にお試しできる
…が購入の決め手でした。

8枚切りの食パンに具をたっぷり挟んで焼いてます。
ロゴマークがかわいくて、おうちカフェ気分が高まります。
6枚切りだと少しキツイので、ハムチーズとかピーナツバターやヌテラだけとか、フィリング少なめがおすすめです。
取っ手が外せるので洗うときも楽だし収納場所にも困りません。
持ち手を回して着脱するのですが、何度か着脱するうちに緩んでしまい、半回転くらいズレてきます。
その辺は使用者さんの職人の勘で絶妙に調整してみてください^^
あと取っ手のネジ部が錆びてくるので、オリーブオイルで拭いたら解決しました。
(洗ってすぐ拭けば良いのかもですが)

ダブルタイプのロゴスホットサンドパンは、Amazonのレビューでも耳までカリカリになる焼き上がりが好評でした。

ロゴス ホットサンドパンのおすすめ度


画像出典:Amazon

ホットサンドメーカーの選び方

ホットサンドメーカーは大きく分けると、電気で調理する電気式と、直接火にかけて調理する直火式があります。電気式のホットサンドメーカーは、食材をセットするだけで自動的にホットサンドが完成するお手軽メーカーです。当たり前ですが家のコンセントからの電源が必要です。
直火式のホットサンドメーカーは、コンロやバーナーの火に直接かけることができます。途中でホットサンドメーカをひっくり返す必要はありますが、こちらもとても簡単にホットサンドを作ることができます。

キャンプで使用するホットサンドクッカーは直火式ですが、もちろん家庭のコンロでも調理可能です。

画像出典:bawloo.com

ホットサンドの焼き上がりの良さや香ばしい風味では、直火式に軍配が上がります。価格も安いことから、直火式のホットサンドメーカーを選ぶ人が増えてきています。

キャンプでの使用を含めて検討している場合は、直火式のホットサンドメーカーを選びましょう。カリっと香ばしいホットサンドがお好きな方なら、直火式一択と言ってもいいでしょう。とはいえ、直火式のホットサンドメーカーは種類も多く、どれを選ぶべきか悩んでしまいます。直火式のホットサンドメーカーの選び方を説明しますので、自分にピッタリくるホットサンドメーカーを探してみてください。

IH対応かどうか?
キャンプでは当然、バーナーやたき火に直接火にかけて調理しますが、家でホットサンドを作る場合は、家庭のコンロを使用して調理することになります。家のコンロがIHの場合は、ホットサンドメーカーがIH対応かどうかを必ず確認してください。数は多くありませんが、直火とIHの両方で使用できるホットサンドメーカーがありますので、それを選ぶようにしましょう。

シングルタイプとダブルタイプ
ホットサンドメーカーには、シングルタイプとダブルタイプの2種類があります。中に仕切りがあるかどうかで、タイプが分かれます。中に仕切りの無いシングルタイプは、具材たっぷりのホットサンドを作ることができます。

画像出典:Amazon

たくさんの具材を入れることができるので、ホットサンドのバリエーションも多くなります。具がたっぷり入ったホットサンドをカットした断面は見た目もよく、インスタ映えを狙う人にはぴったりです。中に仕切りのあるダブルタイプは、食パン半分の大きさのホットサンドが2つできるようになっています。

画像出典:Amazon

具材は食パン半分の大きさに入る分だけになるので、シングルタイプよりも少なくなります。ダブルタイプの良さは、中に仕切りがあることで加熱面積が多くなり、カリっとした食感の香ばしいホットサンドが作れることです。ハムやチーズ、玉子サラダなど、シンプルなホットサンドを作ることの多い人はダブルタイプを選びましょう。

ソロタイプ
最近流行の兆しを見せているのが、ソロタイプです。シングル、ダブルタイプがパン2枚を使用してホットサンドを作るのに対して、ソロタイプは食パン一枚を折りたたんで作るタイプです。具の量は少なくなりますが、食パン一枚が丁度いいという人にはおすすめです。

画像出典:4w1h.jp

取り外しができるかどうか?
主にキャンプで使用する人にオススメなのが、2枚のプレートが分離できるタイプです。分離させることによって、小さなフライパンとしても使うことができます。フライパンとして使用して、ホットサンドで使う目玉焼きを焼いてから、合体させてホットサンドを作るなんてこともできます。

画像出典:i-wano

以上のポイントを押さえて自分にピッタリのホットサンドメーカーを選びましょう。

ホットサンドメーカーの記事をもっと見る

ロゴス ホットサンドパンはカリカリの焼き上がりと、おしゃれな焼印が特徴のおしゃれなホットサンドメーカーです。おしゃれキャンパーや小さなお子さんがいる人にピッタリだと思います。

画像出典:LOGOS

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事