キャンプの必需品のひとつランタン。

夜のキャンプを楽しく過ごすには、明るさだけでなく、置いておくだけで嬉しくなるようなおしゃれさや、使い勝手のよさがランタン選びのポイントになります。

キャンプで使用するランタンは大きく3種類に分かれています。

  • メインランタン
  • テーブルランタン
  • テントランタン

この記事では、3タイプのキャンプ用ランタンのうち、テント内を明るく照らす役割の「テントランタン」を紹介していきます。

テントランタンの選び方

テントランタンにはLEDランタンを選びましょう

テント内で使用するランタンは「LEDランタン」が基本です。

ガスやホワイトガソリンを使用する燃焼系のランタンは、テント内で使用すると火事や一酸化炭素中毒の危険があるので使用しないようにしてください。

画像出典:スノーピーク公式サイト

LEDランタンなら心配なく心して屋内や屋外を問わず使用できますし、おしゃれで大光量のモデルも多く販売されていますので、メインランタンとしても利用する人が増加しています。

子供を連れてのファミリーキャンプには安全面でもLEDランタンがひとつあるといいですね。

LEDランタンのメリット

  • テント内で唯一使用できるランタン
  • 使い方がとても簡単
  • 発熱せず子供でも安心
  • 連続使用時間が長い
  • 燃料コストが安くすむ
  • 種類が多く安価なものが多い

LEDランタンは安全性と簡単さでガスやガソリンランタンと比較しとても優れています。

ほとんどのLEDランタンが通常のアルカリ電池でも、一日中連続使用できるという使用時間の長さとコストの低さも大きなメリットです。

懐中電灯にもなる変形式のランタンや、太陽光で充電できるランタン、パネル部分を分割して複数の場所で使用できるランタンなど、LEDランタンには使い方に応じて最適なランタンを選ぶことができます。

LEDランタンのデメリット

  • 燃料式ランタンより光量が小さめ
  • 雰囲気に欠ける

LEDランタンは、ガスやホワイトガソリンなど燃料式のランタンと比較して光量が小さくなります。しかし、最近ではコールマンが発売しているクアッドマルチパネルランタンのように、大光量のLEDランタンも販売されているので、このデメリットは解消されつつあります。

LEDライトを点灯させる光である以上、燃焼系のランタンのような雰囲気のある灯は得られません。キャンプシーンを彩るという点では、ガスやホワイトガソリンのランタンに一歩譲ることになります。

長所、短所のあるLEDランタンですが、扱いやすさと安全性ではとても優秀なランタンと言えます。

何といってもテント内で使用できるのはLEDランタンだけですので、ひとつは持っておくべくランタンであることは間違いありません。

おすすめキャンプ用テントランタン

おしゃれで機能的な人気のテントランタンを紹介していきます。どれも一流メーカーばかりなので、安心して長く使うことができますよ。

GENTOS LED ランタン EX-036D


画像出典:GENTOS公式サイト

3色調色機能付きで、白色・昼白色・暖色に光の色を変更できます。様々なライティングモードがあり、キャンドルモードでは光量がランダムに変化し、ろうそくの炎のようなゆれを再現することもできます。カバーを外して逆さまに吊るすことで、テント内全体を照らすこともできる万能LEDランタンです。

  • サイズ:約直径73×158mm
  • 重量:約400g(電池含む)
  • 明るさ:白色/450ルーメン、昼白色/260ルーメン、暖色/210ルーメン
  • 使用電池:単3形電池×6本
  • 連続点灯時間:白色(強/18時間、弱/128時間)、昼白色(強/34時間、弱/225時間)、暖色(強/39時間、弱/255時間)、キャンドル/80時間

参考価格:3,480円(送料無料)

DOD LED ソーラー ポップアップ ランタン


画像出典:DOD公式サイト

ソーラー充電式なので外に放っておけば勝手に充電(ニッケル水素電池が必要)されるすぐれものです。電池がなくてもUSB経由で充電できる2WAY仕様。生活防水仕様にもなっているので、突然の雨や夜露に濡れても安心です。白色、暖色、キャンドル風など、お好みのライティングを選択できます。

  • サイズ:約直径85×H110mm
  • 重量(付属品含む):(約)161g ※乾電池は含まず。
  • 明るさ:ハイパワーモード/200lm(白色LED),ノーマルモード/100lm(暖色LED),常夜灯/20lm(暖色LED),ゆらぎモード/可変(暖色LED)
  • 使用電池:単三乾電池×3本
  • 連続点灯時間:ハイパワーモード/10時間(4時間),ノーマルモード/25時間(10時間),常夜灯モード/80時間(32時間),ゆらぎモード/40時間(16時間)

参考価格:2,501円(送料無料)

コールマン クアッドマルチパネルランタン

画像出典:コールマン公式サイト

4つの発光パネルが取り外しできてマルチに使えるLEDランタン。携帯の充電もできるUSBポート付きで、大光量の800ルーメン。テントランタンとしてはかなりの高スペックなので、メインランタンやテーブルランタンとしても選ばれることが多い万能型のLEDランタンです。

  • サイズ:約ø14.5×23.5(h)cm
  • 重量:約1.2kg
  • 使用電池:単一形乾電池×4本または8本
  • 明るさ:[8本]約800lm(ルーメン/High)、約200lm(ルーメン/Medium)、約100lm(ルーメン/Low)、[4本]約500lm(ルーメン/High)、約140lm(ルーメン/Medium)、約60lm(ルーメン/Low)、[パネル]約100lm(ルーメン/High)、約25lm(ルーメン/Low)、約100lm(ルーメン/Spot)
  • 連続点灯時間:[8本]約20時間(High)、約120時間(Medium)、約400時間(Low)、[4本]約13時間(High)、約69時間(Medium)、約196時間(Low)、[パネル]約3時間(High)、約14時間(Low)、約3時間(Spot)

参考価格:7,500円(送料無料)

スノーピーク ほおずき

画像出典:スノーピーク公式サイト

スノーピークの大人気テントランタン。まるで自然とシンクロしているように、風が吹くとゆらぎ、辺りが静かになると眠るLEDランタン。風に反応するゆらぎモード、辺りが静かになると薄明かりになる、おやすみモード、長さ調節ができるコード、価格は高めですが、スノーピークらしい品質の高さはさすがです。

  • 重量:165g
  • 使用電池:単3型アルカリ乾電池×3本
  • 連続点灯時間:10時間
  • 明るさ:100lm(USB接続Hi時照度)
  • 点灯モード:通常点灯モード、おやすみモード、ゆらぎモード

参考価格:10,780円(送料無料)

BRUNO LEDランタン


画像出典:BRUNO公式サイト

BRUNOのおしゃれLEDランタン。ブリキ素材でオイルランプのようなレトロデザインが特徴。優しく暖かみあるランプの光りは、まるで本物の火が灯っているような風合いを愉しめます。キャンプはもちろん、リビングやベッドサイドのインテリアとしても使用できます。

15灯のLEDを搭載し、テント全体を照らす十分な明るさと、無段階の調光機能もついています。

  • サイズ: (約)横17.8×奥行14×高さ30cm
  • 素材:ブリキ、ガラス
  • 使用電池:単一形乾電池×2本
  • 連続点灯時間:約100時間(アルカリ電池使用時)

参考価格:2,200円(送料無料)

コールマン CPX6 リバーシブルLEDランタンⅢ


画像出典:コールマン公式サイト

人気アウトドアブランド、コールマンのLEDテントランタン。温かみのあるウォームカラーが特徴のLEDランタンです。そのままテーブルに置いて使うのもいいですし、逆さにしても吊るすことも可能。特殊加工されたグローブにより、目にやさしい灯りで周囲に照らします。

  • サイズ:約直径13×高さ29.5cm
  • 重量:約775g
  • 使用電池:単一形他乾電池×4本
  • 明るさ:約350ルーメン
  • 連続点灯時間:乾電池使用時/High/約15時間、Low/約270時間

参考価格:4,980円(送料無料)

ベアボーンズ ビーコンライトLED


画像出典:ベアボーンズ公式サイト

見た目もおしゃれな小型のビーコンライトは、スムーズな調光機能があり、周囲を明るくまたは雰囲気良く照らすことも可能です。上部のカラビナを使って引っ掛けたり、テーブルの上に自立させることも可能です。連続で3〜200時間以上点灯します。テント内での使用はもちろん、テーブルランタンとしても使えるおしゃれで機能的なLEDランタンです。ちなみに筆者のテントランタンは現在ビーコンライトです。

  • サイズ:H15.2×W7.6cm
  • 重量:127g
  • 使用電池:2200mAHリチウムイオン電池(内蔵)
  • 充電時間:4~5時間
  • 明るさ:30~220ルーメン
  • 連続点灯時間:(LOW)200時間、(MID)5~6時間、(HI)3時間
  • 防水性/IPX4(防沫形)

参考価格:7,780円(送料無料)

キャンプ用メインランタン&テーブルランタン

メインランタンを検討したい人はこちら

テーブルランタンを検討したい人はこちら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事