キャンプをおしゃれに彩るテーブルランタンおすすめ5選!ガスとLEDどっちにする?

キャンプの必需品のひとつランタン。
夜には唯一の明かりを灯すアイテムとなります。

キャンプで使用するランタンの種類は大きく3つに分かれます。

  • メインランタン
  • テーブルランタン
  • テント用ランタン

ファミリーや複数人のキャンプを快適に過ごすためには、この3タイプのランタンが必要となります。

メインランタンに使用する光量が大きいランタンの検討は、こちらの記事を参考にしてください。

テーブルランタンの選び方

今回ご紹介するテーブルランタンは、テーブル周りを照らすメインランタンのサブ的役割のランタンです。

主に選ばれているのがガスランタン(OD缶・CB缶)とLEDランタンの2種類です。

おしゃれにいくならガスランタン

ガスランタンはサイズが大きいものだと高熱になりますので、子供がいる場合は危険ですので、キャンドルタイプの小型のものにしましょう。
キャンドルタイプのガスランタンはおしゃれなものが多く、雰囲気づくりにもピッタリのランタンです。

明るさと便利さならLEDランタン

LEDランタンは熱を発することなく、高い光量のものが多いので、テーブル周りがとても明るくなります。
子供が触っても安全なのもいいですね。

LEDランタンのメリットとしては、そのままテントランタンとしても使用できることがあげられます。

LEDランタン明るさを調節できたり、携帯が充電できるUSB端子がついていたりと、一つで何役もこなす万能なランタンもあります。

キャンプスタイルで選ぼう

テーブルランタンは大きめのサイズのものを一つでもいいですし、小型のものを複数置いて優しくテーブル周りを照らすのもありです。

また、メインランタンよりも明るいランタンを使用すると、虫がテーブル周りに寄ってくるので注意してください。

テーブルランタンの明るさは50100Wぐらいを目安にするのがいいでしょう。

おしゃれで使えるテーブルランタン5選

プリムス IP-2245A-S ランタン


画像出典:プリムス公式サイト

マイナーチェンジを重ねながら長年愛され続けているプリムスを代表するガスランタンです。
吊り下げが簡単に行えるワイヤーサスペンダーを採用し、機能性を向上させています。
発光体を囲むホヤ部はスリガラスを使用し、優しい光が特徴です。

  • タイプ:ガスランタン(OD缶)
  • 照度:100W
  • 燃焼時間:約8時間(IP-250タイプガス使用時)
  • 本体重量:200g
  • 本体サイズ:8.3×8.3×12.7cm
  • 使用マントル:IP-8052N(マントルA)
  • 付属品:プラスチックハードケース

SOTO レギュレーターランタン ST-260


画像出典:SOTO公式サイト

カセットガス式ランタンの弱点でもある低温下や連続使用時にボンベの冷えによる光量低下を最小限に抑えたレギュレーターランタン。安定した光量を放つその実力は、ロースタイルな本体デザインと重なり、夜のテーブルを優しく照らし続けます。

また、マイクロレギュレーターの効果によりノズル詰まりによる故障が起きにくいことや、光量の微調整がしやすいことも特徴です。また万一、本体が転倒しても、すぐに大きな赤い火炎(生ガス)が燃え上がりにくい構造です。

  • タイプ:ガスランタン(CB缶)
  • 照度:80W
  • 燃焼時間:約4.5時間(ST-760使用)
  • 重量:247g(本体のみ)
  • サイズ:幅100mm×奥行130×高さ150mm(使用時)
  • 点火方式:圧電点火方式
  • 付属品:専用収納ケース、マントル1枚

コールマン クアッドマルチパネルランタン


画像出典:コールマン公式サイト

4つの発光パネルが取り外しできてマルチに使えるLEDランタン。
携帯の充電もできるUSBポート付きで、大光量の800ルーメン。
LEDランタンなのでテーブル周りだけでなく、テント内など使用用途がとても多いランタンです。

  • タイプ:LEDランタン(アルカリ単一形乾電池×4本または8本)
  • 照度:

[8本]約800lm(ルーメン/High)、約200lm(ルーメン/Medium)、約100lm(ルーメン/Low)
[4本]約500lm(ルーメン/High)、約140lm(ルーメン/Medium)、約60lm(ルーメン/Low)
[パネル]約100lm(ルーメン/High)、約25lm(ルーメン/Low)、約100lm(ルーメン/Spot)
※ルーメン値はLED製造業者の仕様に基づいています。

  • 連続点灯時間:

[8本]約20時間(High)、約120時間(Medium)、約400時間(Low)
[4本]約13時間(High)、約69時間(Medium)、約196時間(Low)
[パネル]約3時間(High)、約14時間(Low)、約3時間(Spot)

  • 重量:約1.2kg
  • サイズ:約ø14.5×23.5(h)cm

スノーピーク リトルランプ ノクターン


画像出典:スノーピーク公式サイト

小さな炎が静寂の夜を情緒的に演出。ガス缶で得られる高効率実用リトルランプ。
小さな光ですが、テーブルの上を充分に照らす事のできる実用的な光量です。

熱効率も良く、残量の少ないガス缶でも長時間利用できます。ガスカートリッジの種類に問わずガスの消費量は、1時間にわずか7グラムです。

  • タイプ:ガスランタン(OD缶)
  • 重量:102g
  • サイズ:42×40×105(h)mm

コールマン ルミエールランタン


画像出典:コールマン公式サイト

揺れる炎でやさしく照らす、キャンドル風ガスランタンです。光量は小さいですが、マントルが不要なので扱いやすく、優しくテーブルを照らす揺らめく炎は、キャンプの静かで長い夜のお供に最適です。

見た目もオシャレなので、インテリアとしても部屋に飾ってもいいですね。
インディゴバージョンもありますのでチェックしてみましょう。

  • タイプ:ガスランタン(OD缶)
  • 重量:約210g
  • 燃焼時間:約28~38時間(230g缶使用時)
  • サイズ:約φ7.3×6×18.3(h)cm
  • 付属品:プラスチックケース

コールマンのルミエールランタンはとてもよく売れているようです。

スノーピークのノクターンもいい感じですが、ルミエールランタンのグローブのフォルムの美しさは、普通に部屋に飾れそうにおシャレです。

筆者もルミエールランタンを愛用していますが、キャンドル風の揺らめく炎は眺めていてあきません。おすすめできます!

家族で初めてキャンプに行く人にテントとタープ、クーラーボックスのおすすめを紹介しています。

キャンプに持って行きたいおしゃれで使いやすい焚き火台を紹介しています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事