キャンプシーンに欠かせないランタン
キャンプシーンを自然の灯で照らしてくれるのがランタン。ランタンはキャンプ用品の大定番アイテムであるとともに、キャンパーの永遠の相棒となる存在でもあります。

照明の役割はもちろん、離れた場所に設置することで虫よけに役立ったり、何よりキャンプ気分を盛り上げてくれる存在です。
ランタンは燃料の違いから、大きく3つの種類に分けることができます。

  • 液体燃料式ランタン(ガソリン・灯油・オイル)
  • ガスランタン
  • LED(電池式)ランタン

同じランタンでも種類によって使い勝手は大きく変わってきます。
なかでもホワイトガソリンやオイル、灯油を使った液体燃料式のランタンは、キャンプサイト一面を明るく照らすメインランタンとして、キャンパーなら一つは持っていたいアイテムと言えるでしょう。

液体燃料式ランタンのメリット
・光量が大きい
・燃料代が安い
・寒冷地や冬に強い
・音が静か

最近はLEDランタンもかなり種類が増えて、使うキャンパーも増加しています。確かにLEDランタンも便利で簡単なのでいいのですが、所有感という満足に少し不満が残ります。メインランタンとしては明るさに不足がある場合も多いです。

しかし、テントの中で使う「テントランタン」はLEDランタン一択ですので、キャンプにはこちらも必要になります。

もう一つの選択肢は、ガスランタンとなりますがこちらはデザインもかなりいいのが多く有力な候補になるでしょう。明るさもホワイトガソリンのランタンと変わりませんし、何より扱いがカンタンという利点は大きく選ぶ人が増えています。ガスタイプのコンロと合わせることで、複数の燃料を持ち運ぶ必要もなくなります。

ただ、ガスランタンの唯一の不満が「コォー」という燃焼音です。気にならない人には気になりませんが、静寂な闇の中で焚き火の「パチパチ」という音だけを味わいたい人には、やや耳障りかもしれません。

筆者の場合、色々考えて結局「ガス」で、ランタンやコンロを統一して、単なる所有欲でホワイトガソリンのランタンを買いました(笑)

キャンプってそういうものです。

趣味ってそういうものです、、、

そういうわけで、やっぱり夜のキャンプシーンに一番似合うのはホワイトガソリンやオイル、灯油をつかったランタンだという人向けに、液体燃料式のランタンのおすすめをランキングします!

おしゃれランタン(燃料式)おすすめBEST5

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オイルランタン


画像出典:キャプテンスタッグ公式サイト

コンパクトなオイルランタン。おしゃれなブロンズカラーがいい感じです。テーブルのキャンプ飯を優しく照らしインスタ映え間違いなしです。

テーブルランタンはガスタイプのランタンがコーマンやスノーピークから発売されていて一般的ですが、オイルランタンの静な灯は深夜の大人の語らいにはピッタリきますね!
メーカー希望小売価格:4,500円
【商品スペック】
●サイズ(約):幅160x奥行120x高さ250mm(本体のみ)
●重量(約):370g
●燃料適正容量(約):200ml
●使用燃料:白灯油、ランタン用パラフィンオイル
●燃焼時間(約):14時間※燃焼条件により異なります。

フュアハンドランタン ベイビースペシャル276 ジンク


画像出典:株式会社スター商事

ドイツ東部のBeierfeld にて創業者であるHermann Nier氏が1902年設立した灯油ランタンのメーカーです。
これまで世界各国軍隊、ヒマラヤ遠征など、どんな過酷な状況下でも信頼を勝ち得た堅剛なドイツ職人が作り出すランタンです。

約20時間以上明かりを灯してくれる燃焼効率の高さはもちろん、そのシンプルな構造はどなたでも簡単に扱うことができます。
フュアーハンドランタン独特の優しい明かりが辺り一面を包み込んでくれることでしょう。
メーカー希望小売価格:6,600円(税込)
【商品スペック】
●燃料 : 灯油
●サイズ : 15cm×26cm
●重量 : 520g
●タンク容量 : 340ml
●燃焼時間 : 20時間以上
●明るさ : 5W
手入れをすることで長く愛用でき、自分だけの一台になっていく、そんなランタンです。
低温度に弱いガスランタンと違い、外気温に左右されないので冬のキャンプでも安定した明かりをともしてくれます。
個性を大切にするキャンパーにおすすめします。

ハリケーンランタン デイツ78


画像出典:Amazon

米国ニューヨークR.E.DIETZ社製のオリジナルランタン。
コンパクトサイズで、タンク容量も大きく キャンプで使いやすオイルランタンです。炎がホヤ内部のメッキ部分に反射して美しい灯を演出します。4分芯(12mm芯)を使用していて、サイズ、明るさ、燃焼時間のバランスがとれたハリケーンランタンです。
メーカー希望小売価格:6,930円
【商品スペック】
●高さ:約26cm
●幅:底 直径 約13cm
●燃料:オイル
●燃焼時間:約20時間
見た目も美しいニューヨークブランドのオイルランタン。テーブルに置いているだけでインスタ映えしそうです。
見た目の良さだけでなく、光量もあり燃焼時間も長めなので一軍ランタンとして十分通用します!

コールマン(Coleman) シーズンズランタン


画像出典:楽天

シーズンズランタンは、コールマン ジャパンが日本国内で独自に企画し、米国本社の工場で製造されるリミテッドエディション(限定版)のランタンです。アメリカンビンテージをテーマに、毎年限定商品がリリースされています。2019年は「アメリカンコーヒーショップ」がテーマでコーヒーカラーのランタンが発売されました。ランタンモデルはシーズンズランタン定番の200Bです。価格は少し高めですが、コレクションとしても価値のある一品です。
参考価格:33,000円(税抜)
【商品スペック】
●本体サイズ:約17cm×17cm×31(h)cm
●重量:約1.4 kg
●素材:スチール、他
●明るさ:約190キャンドルパワー/約130W相当
●タンク容量:約590cc
●燃料:ホワイトガソリン
●燃焼時間:約7時間~15時間
コールマンから毎年発表されるシーズンランタンは持っているだけでプレミアになるものが多く、コレクターが多くいるランタンでもあります。アメリカンテイストのキャンプを目指している人は一つは持っておきたいアイテムですね。

ペトロマックス【Petromax】HK500 灯油ランタン


画像出典:株式会社スター商事

1910年ドイツで創業。100年以上の歴史を持つ老舗アウトドアブランド「ペトロマックス」。
加圧式灯油ランタンを世界で初めて開発し、発明当初からほぼモデルチェンジをせずに、現在も製品展開をしています。ドイツ製ならではの性能の高さとその美しいデザインで、長年に渡り世界中のファンから絶大な支持を集めているブランドです。
メーカー希望小売価格:30,800円(税込)
【商品スペック】
●本体サイズ:約直径17 × 高さ40cm
●本体重量:2.4kg
●タンク容量:1L
●明るさ500CP(約400W)
●燃焼時間約8 時間
もはや美術品のような美しさを持つ「ペトロマックス」。持つ喜び、灯す喜び、手入れする喜び、燃料式ランタンのすべてを与えてくれるランタンです。少しお高いですが、それ以上の価値がある、一生モノの相棒になると思います!

総評

いかがでしたでしょうか?所有欲をくすぐり過ぎるランタン、ペトロマックスが第1位となりました。ペトロマックスは品薄で希少な逸品なので、値は張りますが見つけたら手にしておいて損はなさそうです!

いろいろなキャンプシーンに対応するために、燃料式の大光量ランタンは持っておいて損はありません。楽しいキャンプライフに最高の相棒を手に入れましょう!

ファミリーキャンプにおすすめのテント・タープ

大容量クーラーボックス特集
キャンプに欠かせない焚き火台のランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事