ゴルフシミュレーターを自宅に設置して毎日コースで練習している人が増加中です!

コロナ禍の時代において、ゴルフシーンも大きな変化を迎えています。

コースに出てしまえば、それなりのソーシャルディスタンスがとれますが、問題はゴルフ練習場の密度です。

今回紹介するゴルフシミュレーターは、当初はスポーツバーやゴルフレッスンスクール、そして(ゴルフ好き社長がいる)企業の福利厚生として導入されることが多かったのですが、じつは自宅に設置して、実戦さながらのゴルフ練習をしている人がかなりいたようです。

人知れず大幅なスコアアップをしている人ってこれを使っていたのでしょうか?現在は新型コロナウイルスの影響で、ゴルフシミュレーターを自宅に設置する人が更に急増しているそうです。

Golfland(ゴルフランド)とは?

家庭用ゴルフシミュレーターといえば「ゴルフランド」。

ダントツに支持されているメーカーで日本シミュレーションゴルフ協会認定、顧客満足度第1位

家庭用ゴルフシミュレーターで一番人気の会社です。

ゴルフランドの特徴

  • コンパクトサイズ

ゴルフランドのゴルフシミュレーターは技術の進歩により、プレイのためのブースサイズが小さく、スイングしてもクラブが天井に当たらない高さと、ボールの跳ね返りに危険がない奥行があれば、マンションでも設置ができてしまう自宅設置にピッタリのゴルフシミュレーターです。

  • アフタフォローが万全

Golflandでは、商品を購入する際にお世話になる営業の担当者が、設置工事にも携わってくれるそうです。検討段階から相談していた担当者が設置~トラブル解決までサポートしてくれます。また、スクリーンや人工芝といったの消耗品の手配やメンテナンスすべてやってくれます

  • 中古品販売やレンタルもある

中古品やレンタルもあるそうです。ちなみにゴルフシミュレーターの中古販売をしているのも、メーカーではGolflandだけだそうです。品質が確かで、長く使えるメーカーだからこそのサービスですね。

需要増加と共に、製造のコストも抑えられ、低価格で高性能なゴルフシミュレーターを自宅で楽しむことも夢ではなくなってきました。

ゴルフシミュレーター設置に必要な広さは?

シミュレーター設置に必要な広さ

  • 横幅:約3m
  • 高さ:約2.7m
  • 奥行:約5m

ゴルフランドのシミュレーターはコンパクトサイズで有名です。

広さにして約6坪のスペースがあれば設置可能です。タタミ11畳分くらいになりますが、庭のある家であれば問題なく設置できますね。よく、庭にゴルフのネットを置いて練習しているのを見ますが、大体あの広さです。


画像出典:Golfland

写真は、自宅の一室をシミュレーターのスペースにしての設置例です。

ゴルフランドでは、自宅の広さに合わせて、自宅を壁を傷めない特設の家庭用シミュレーターを用意してくれるので、とにかくスイングできる広さがあれば一度相談してみるのがいいでしょう。

ゴルフランドへの相談、見積り、資料請求はすべて無料です。

ゴルフシミュレーター製品紹介

G-Shot Smart2

低価格・高性能を実現。人気No.1シミュレーター

自宅設置の人気モデルはこのG-Shot Smart2です。
低価格と高性能を両立し、更にコンパクトサイズのシミュレーター。自宅はもちろん、カフェやインドアのゴルフレッスン場の設置も多い人気モデルです。


画像出典:Golfland

なんとあのRIZAP GOLFでも採用されているそうで、実力は間違いなさそうです。

Joy Golf Smart+

カメラセンサー搭載。最新型シミュレーター

実戦さながらのコース体験、トレーニングができるのがこのJoy Golf Smart+です。
ハイスピードカメラを搭載したことにより、従来のカメラでは再現する事が難しかった「ビジネスゾーンの動き」を、クラブシャフトのしなりまで正確に再現されるハイスペックモデルです。

撮影した画像に対して直線、自由線など罫線を引いたり、スイングのコマ送りやスローモーション再生も可能です。価格も性能もプロ仕様モデルですが、価格の相談やレンタルもできるため、気になる方はまず無料見積もり・問い合わせをしてみることをおススメします。

見積もり・資料請求はいつでも無料

これが家にあったなら、、、

と思った人かなり多いんじゃないでしょうか?ゴルフシミュレーターが自宅にある生活は、ゴルフファンなら誰でもあこがれますよね。価格も決して安くはない買い物ですが、

まずは資料請求や問い合わせを入れてみて、担当者の人にあれこれ相談してみるのがいいですね。

筆者はスコア100を切るのが目下の目標ですが、「これがあれば」と胸を焦がしています。無料で相談できるので、とりあえず資料請求をしてみたいと思います!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事