キャンプ初心者に!簡単・大光量のガスランタン5選【おすすめキャンプ用品】

必携のキャンプ用品のひとつが、ランタンです。
ランタンはキャンプシーンを明るく照らし、焚火と共にキャンプの醍醐味である夜の時間をいい雰囲気にしてくれるキャンプには必須のアイテムです。

今回は、キャンプ初心者にも取り扱いが簡単で便利、しかもおしゃれな「ガスランタン」をご紹介します!

ガスランタンとは?

ガスランタンとは、燃料にガス缶を使用するランタンのことで、ランタンには他にホワイトガソリンやオイルを使用する燃料式ランタンと電池式のランタンがあります。

それぞれのランタンにはメリット、デメリットがありますが、ガスランタンは光量・取扱いの簡単さ・見た目の良さのバランスが良く、初心者からベテランまで愛用者が多いランタンです。

ガスランタンにも様々なサイズや使用目的がありますが、今回はキャンプでメインに使える光量が高いガスランタンをピックアップします。

ランタンはバーナーと同じ燃料にしましょう

ガスランタンの良さは取扱いの簡単さと光量の高さになりますが、ランタンの種類を決める際には、料理や湯沸かしに使用するバナーの種類と合わせるようにしましょう。

キャンプはとにかく荷物がかさばります。バーナー(コンロ)がホワイトガソリン、ランタンがガスになってしまうと、予備も含めてかなりの荷物になってしまいます。

ランタン、バーナーは同じ燃料に揃える方がコスト的にも安くつきます。
これからメインのランタンとバーナーを買い揃えるという人も、燃料方式は合わせるようにしましょう。

ガスランタンのメリット・デメリット

初心者にも扱いやすいガスランタンですが、メリット・デメリットがありますので解説します。

ガスランタンを選ぶメリット

  • 取扱いが簡単
  • 光量が高い
  • 種類が多い

ガスランタンはガス缶をセットして、ボタンひとつで着火できるため、初心者や女性にも扱いやすいです。

マントル」とよばれる光を放つ合成繊維の装着が必要ですが、これも難易度は高くありません。

光量についても、ホワイトガソリンと同等の高さがあります。

ガスランタンを選ぶデメリット

  • 燃料代が高め
  • 低温度に弱い

ガスランタンはホワイトガソリンのランタンと比べて燃焼時間が短いため、ランニングコストがやや高くなってしまいます。

しかし、毎週キャンプに行くような人であればコストが気になるかもしれませんが、月に一度くらいの頻度でキャンプを楽しむ場合はそれほど気にしなくてもいいでしょう。

また、ガスランタンの特徴として、寒冷地などの低温度の環境では十分な燃焼効果を発揮できず火力や着火が不安定になるケースがありますが、火力や耐寒性に優れた「パワーガス仕様」のガス缶を使用することで改善できます。

ガスランタンの選び方

必要な明るさを確認しましょう

ガスランタンをメインとして使用する場合は、キャンプサイトを十分照らすだけの光量が必要となります。

光量を表す明るさの単位として、「W(ワット)」と「ルーメン」が使われますが、メインで使用する場合は、200ワット、3,000ルーメンくらいあれば十分だと思います。

ガスの種類を決めましょう

ガスランタンに使用するガス缶には、「OD缶」と「CB缶」の2種類があります。

OD缶

OD缶とは、「アウトドア缶」といって、キャンプや登山など野外での使用を前提に作られたガス缶です。

OD缶を選ぶメリットは、CB缶に比べ火力が強く、耐寒性もやや高いところです。

反面、価格がCB缶よりも高い点と、アウトドアショップやネットショップなど購入経路先が限定される点がデメリットといえます。

CB缶

一方、CB缶とは「カセットガス」のことになります。

家庭で使用するカセットボンべと同じ形式ですが、こちらもアウトドアメーカーから発売されているものは、野外使用を前提に製品化されていますので安心です。

CB缶を選ぶメリットとしては、価格が安いことと使用用途が広い点です。

火力・耐寒性がOD缶よりも劣る点はデメリットになります。

これらの条件を踏まえて、キャンプでメインに使用できるガスランタンを紹介していきます。

簡単で大光量のおすすめガスランタン5選

イーピーアイ(EPI) MBランタンオート


画像出典:EPIgas公式サイト

  • 使用時サイズ:141×104mm
  • 収納時サイズ:150×109×107mm
  • 重量:1.1kg(ランタンのみ)
  • 明るさ:200W
  • 燃料:OD缶
  • 付属品:専用ケース

中型なのに200Wの光源がとれる使い勝手の良いパワフルなランタンです。
くもりグローブの暖かな明かりは、おしゃれなテーブルランタンとしても活躍します。

ユニフレーム フォールディングガスランタン UL-X


画像出典:ユニフレーム公式サイト

  • 使用時サイズ:(約)135×120×355mm
  • 収納時サイズ:(約)135×120×210mm
  • 重量:(約)1.4kg
  • 明るさ:210W相当(レギュラーガス使用時)
  • 燃料:CB缶

一台でサイト全体を照らせる高い照度と低燃費を両立させたカセットボンベ式ランタンです。
メインのランタンとして十分使えるパワフルなランタンです。

ソト 虫の寄りにくいランタン


画像出典:SOTO公式サイト

  • 使用時サイズ:136×375mm
  • 収納時サイズ:136×225mm
  • 重量:1.3kg(本体のみ)
  • 明るさ:210W(レギュラーガス使用)
  • 燃料:CB缶

テントサイトを明るくするとどうしても起こりがちな虫問題。虫の寄りにくいランタンST-233は波長の長いオレンジ色発光、虫取りマット装着仕様、リフレクター装着で虫対策も万全。
パワーブースター標準装備でドロップダウンを防ぎ、安定した光量が得られます。

キャプテンスタッグ テラパワーガスランタン L


画像出典:キャプテンスタッグ公式サイト

  • 使用時サイズ:(約)200×230mm
  • 収納時サイズ:(約)215×175×280mm
  • 重量:1.1kg(ランタンのみ)
  • 明るさ:230W(点火から30分間の平均照度)
  • 燃料:OD缶
  • 付属品:収納ケース

230wの光量でキャンプサイトをとても明るく照らします。メインのランタンとしては最適です。
上下のリフレクターが明るさを更に高めています。

コールマン 2500 ノーススター


画像出典:コールマン公式サイト

  • サイズ:(約)145×260mm
  • 重量:(約)1.3kg
  • 明るさ:200W(レギュラーガス使用時)
  • 燃料:OD缶
  • 付属品:ソフトケース

キャンプサイトを照らす320キャンドルパワーの大光量。マントルが長く燃焼部分が大きいためとても明るく感じます。マントルがクリップで簡単装着なのも初心者にはうれしいですね。

性能と価格のバランスも良くメンテも簡単。スペアパーツも十分に流通しているので、万一のトラブル時にも安心です。

メインランタンとしての数多くのキャンパーから支持されている大定番アイテムです!

ホワイトガソリンやオイル式ランタンも検討したい人はこちらを参考にしてください

初めてのキャンプ テントとタープ選びも大切です

キャンプのお供 焚き火台

アウトドアに大活躍 強保冷・大容量クーラーボックス

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事